弁護士に相談すること

相談先ほど任意整理は債権者と交渉して金利をカットしてもらう、という話をしましたが、それを聞いて「よし、さっそく業者のところに行って交渉してくる」と思った方もおられるでしょう。しかし、現実的にそれはあまりおススメできません。素人がいきなり業者のところに出向いて利息のカットなどを申し出ても却下されてしまうことがほとんどですし、逆にうまく言いくるめられてしまう可能性も高いです。向こうも素人ではありませんし、金融や法律のエキスパートですから、何とかたくさんお金を支払わそうとしてきます。

そのため、任意整理をしたいのならまずは弁護士に相談することをおススメします。弁護士は債務整理も業務として行っていますから、まず相談して今後の方針を決めていきましょう。相談することで任意整理以外の解決法が見つかるかもしれません。また、弁護士が任意整理を担当してくれるのなら十中八九うまくいきます。業者もバカではありませんし、弁護士が介入したのにごねるようなことはまずないのです。弁護士に相談するときにはなるべく借金問題に強く、債務整理を積極的に行っている弁護士に相談しましょう。弁護士によって得手不得手がありますからなるべくこうした問題に強い方を選ぶべきです。

任意整理の特徴

任意整理とは債権者と交渉することによって利息をカットして支払いを続ける債務整理方法です。債務整理の方法としてもっともよく知られているのは自己破産ですが、破産してしまうとさまざまなデメリットが生じてしまいます。もっとも大きなデメリットはいわゆるブラックリストに載ってしまうことでしょう。しばらく借金ができなくなってしまいますし、ローンなども組めなくなってしまいます。しかし、任意整理だとこうした自己破産のデメリットを回避しながら借金の減額を図ることができますから、これが任意整理最大のメリットと言えます。

任意整理任意整理を行うことで原則利息をカットすることができるため、借金の総額を減らすことができます。また、返済期間についても業者と交渉することができますから、借金の返済はかなりしやすくなるでしょう。自己破産のようにすべての借金がチャラになる方法ではありませんが、その分ブラックリストに載らないというメリットもあります。任意整理を行うことによってムリのない返済計画を立てることができますし、ブラックリストに載ることもありませんから今後ローンを組むことも可能です。借金返済に苦しんでいる方はまず任意整理を検討してみましょう。